アウトソーシングとは、外部の専門的な知識やノウハウを有効に活用し、自社の目的とする業務に戦力を集中する戦略的な経営手段です。アウトソーシングしている理由として「専門性の向上」や「業務のスピード化」「コストの削減」「固定費の変動費化」といった項目で分かられます。これらについては、多くの企業で期待した効果が出ていると考えられます。