サービスは、それ自体価値を有するものとして販売されるものと、財貨の販売にともなって、それに付帯して提供されるものがあります。映画、ゴルフ、ボーリング、理髪、ホテルなどがあげられる。つまり、購入者あるいは使用者に何らかの用役を提供するか、あるいは顧客への財貨の販売にあわせて満足感を与えようとするものがサービスの本質である。